2020/6/19

遊園地も遊べる⁉ ルスツでお得なキャンプを楽しもう!

ルスツリゾートにはキャンプ場もあるのを知っていますか?冬はゲレンデになっている広い芝生の広場が夏休み限定でキャンプ村として登場します。実はこのキャンプ村、なかなかお得なポイントがいっぱいあるのです。今回はそんなルスツの穴場「ルスツキャンプ村」について紹介します。

キャンプ利用で2日分の遊園地券が付いてくる?お得すぎる価格設定

まずルスツキャンプ村の利用料金は、お一人様 大人6,700円、小学生5,600円。キャンプ場の利用料金としてはちょっとお高い・・。と見えてしまいますが、この料金にはキャンプ村の宿泊料だけでなく、ルスツリゾートの遊園地滞在券 (チェックイン日とその翌日の2日分の遊園地券) もセットになっています。遊園地券の価格が大人1日券5,100円なので2日だと通常10,200円だと思うとかなりお得!遊園地券のためにキャンプをしてしまいそうな価格設定となっております。もちろん通常の遊園地券と同じなので、遊園地券で利用できる夏休み限定の様々なイベントも楽しめますよ。
※今年はスーパージャンボプールは中止のためご利用いただくことができません。

ルスツリゾート遊園地

 

では、宿泊方法をご案内いたします。ルスツキャンプ村はフリーサイトのみで予約不要です。お越しの順に入場していただいております。まず、ルスツリゾートの正面玄関入口にてキャンプの受付をします。9:00からの受付ですがキャンプ場は12:00からの入場ですので、朝から遊園地で遊びたい場合は、受付時に遊園地券を受け取って、12:00以降にキャンプ場に入場してください。テントなどのキャンプ用品のレンタルは数に限りがありますので事前予約が必要です。

 

次にぐるっと駐車場の一番上の段まで上がり、乗馬コーナーなどを横切りながら、誘導看板に従い進んでいただきます。キャンプサイトまでの道は一部林の中を進む砂利道です。徐行運転で気をつけて進んでください。

 

到着です!遊園地やホテルの雰囲気とは異なり、自然いっぱいの森の中のサイトです。冬はスキー場ともなるフィールドなのでかなり広々しています。

 

全体的に少し緩やかな傾斜があります。寝る時の枕の位置を意識してテントを立てましょう。車は荷物の搬入搬出の時のみ、管理棟前まで持って来れますが、その後は少し離れた駐車スペースにご移動お願いします。また、滞在中は車の出し入れは出来ませんのでお気を付け下さい。

 

ここが管理棟です。レンタルの方はここで受け取りになります。売店コーナーでは、お肉やビール、炭なども売ってますよ~。スタッフは常駐しているので、いつでも気軽にお声がけください。

 

冬はゲレンデといっても、ちゃんとしたキャンプ場ですよ!トイレも炊事場もバッチリです。

 

早速テント設営。管理棟付近にカートがあるのでご利用ください。山頂までは冬のスキー場のコースが想像できる景色ですね。

 

山麓側は、遠くにホテルも見えます。結構高い場所に来た感じ。テントを張った後に遊園地や温泉などに行く際は片道10~15分程度かかります。

 

管理事務所では食材も販売してますが、他にもルスツリゾート近くのお店で現地調達もおすすめです。滞在中は車の出入りはできないので、買い出しはチェックイン前にお済ませください。

辻畜産直営店「どんどん市」
ルスツポークをはじめ、バーベキューにピッタリの美味しいお肉が色々と売っています。珍しいお肉の部位もあります。

留寿都村の道の駅「ルスツ230」
留寿都村の農家さんの新鮮な野菜だけでなく、地元のパン屋さんのパンや麺類やお豆腐など留寿都村ならではの様々な食材が揃っています。

キャンプ以外の楽しみがいっぱい!

ルスツキャンプ村では、先ほど紹介した遊園地以外の遊べるポイントがたくさんあります。まずは、今年7/23 (木・祝) にオープン予定の「ひつじひろば」。ちょうどキャンプ村からホテルの方へ向かう途中にあるので、遊びに行きやすいです。羊が放牧され、キッチンカーでカフェメニューのテイクアウトもあります。牧羊犬のシープドッグショーも9月頃から実施予定で練習風景も見れます。オーストラリアから来た牧羊犬が羊さんを柵まで誘導する姿はなかなか見ごたえがあります。フォトスポットもあるのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

キャンプ村のあるウエストMt. の山頂は「羊蹄パノラマテラス」という羊蹄山や洞爺湖を望む絶景スポットになっています。遊園地券で羊蹄ゴンドラに乗って登ることができます。

羊蹄パノラマテラス

 

また、キャンプ場のエリアの少し下にはSALOMON監修「ルスツトレイル」の入り口があり、山頂の「羊蹄パノラマテラス」まで約1.5㎞のトレッキングコースでトレッキングやトレイルランができます。登りだけゴンドラで山頂へ登り、キャンプ村の近くまで下るお手軽な自然散策もできますよ。朝の運動にもいいですね。

ルスツトレイル

 

ルスツリゾートにはアクティビティメニューがたくさんありますので、申し込んで体験するのもおすすめです。室内のクラフト体験などは天候に関わらず楽しむことができるので雨のときでも安心です。クラフト体験の種類もキャンドルづくりや羊毛フェルトのほかにもアウトドアコードのアクセサリー作りなど様々。夏休みの自由研究にもぴったりです。

インドアアクティビティ

 

ホテルの温泉を日帰り入浴料金 (別料金) で利用することもできます。2019年にオープンしたばかりの「ルスツ温泉・・ことぶきの湯」は広々とした露天風呂の他にもジェットバスなどもあり、遊び疲れた体を癒すのにぴったり。ボディーソープやシャンプーリンスだけでなく、バスタオルとフェイスタオルも持参しなくて手ぶらでOKです。女湯には化粧水や乳液の備え付けもございます。ご利用はノースウイングフロントでのご精算になります。料金 : 大人 1,300円、4歳~12歳 650円、3歳以下無料。

ルスツ温泉・・ことぶきの湯

 

そして夜も楽しみが色々。ホテルの横にあるイルミネーションの巨大迷路「光の迷路」やホテルのガラス面に映し出されるプロジェクションマッピングのショーなど、ホテルの宿泊者が楽しめるイベントも楽しむことができます。

光の迷路

 

プロジェクションマッピングはホテルの50m×13mの巨大なガラスへ投影するので大迫力です!本編は20:00~20:30ですが、18:30~22:00の間は待機映像が流れていてきれいです。

プロジェクションマッピング

 

ほかにも、キャンプ村では毎晩キャンプファイヤーを20:00~20:30に開催しています (※荒天時中止) 。焚火は直火は禁止、焚火台でならキャンプ場内使用可能です。それとは別に大きなキャンプファイヤーをみんなで見れるのは嬉しいですよね。また遊園地を楽しむためのキャンプ場なので、22:00から翌朝6:00までは就寝時間となります。ファミリーも多いので、静かに夜はお休みくださいね。

楽しみがいっぱいのルスツキャンプ村。一日ではとても遊びきれないボリュームなので、2連泊がおすすめです!連泊するとさらに料金がお得になりますよ~!ぜひ、夏休みにご検討くださいね。

ルスツキャンプ村

・開催期間 : 2020/7/23 (木) ~ 2020/8/15 (土)
・キャンプセットプラン 大人 (12歳以上) 10,500円、小学生 (6~11歳) 9,400円
・遊園地遊び放題プラン 大人 (12歳以上) 6,700円、小学生 (6~11歳) 5,600円
・延泊 (遊園地券は別途) 大人 (12歳以上) 3,300円、小学生 (6~11歳) 2,750円
・駐車料金 (1泊1台につき) 500円
・お問い合わせ : Tel. 0136-46-3111
※テントやキャンプ用品のレンタルが不要 (ご持参) の場合は予約不要。
※未就学児の宿泊は無料。(遊園地入園料は別途)
※チェックイン 12:00 ~ 20:00、チェックアウト 8:00 ~ 10:00。

詳細をみる