2022/1/28

使い方次第で断然お得!1時間単位で日付をまたいで滑れるリフト券「24時間券」

ゴンドラ・リフト券の「24時間券」が、2021-22シーズンから販売スタート。1時間単位で24回利用できるリフト券で、シーズン中であれば日付をまたいでご利用できます。ぜひ、新しいルスツリゾートスキー場の楽しみ方としてご活用ください。

24時間券とは

24時間券を一言で説明すると「1時間券が24枚分入っているチケット」です。最初にゲートを通過すると、お持ちのICリフト券から1時間分が減算されて「残り23時間」となります。減算されたタイミングから1時間は、何度でもゲートを通過できます。以後同様に1時間ごとに減算されていき、合計24時間分ご利用いただけます。

例えば、購入してまず最初、9:00にゲートを通過すると1時間減算され、9:59までゲート通過が可能です。10:00のタイミングではまだ滑走中かもしれませんので、次のゲート通過を10:10とすると、そこでまた1時間減算され、11:09までゲート通過が可能となります。

ゲートを通過する時が減算のタイミングのため、その後お帰りコースを滑りながら下りてくると、場合によっては1時間以上スキーを楽しめることもあります。お帰りの際の移動に利用する、アクロス第1・アクロス第2ペアリフト、イーストゴンドラ1号線、タワーペアリフトは無料でご乗車いただけますので、その分のご利用は気にしなくて大丈夫です。

様々なシチュエーションでご利用ください

1時間単位で滑走できるので、3時間×8回分、4時間×6回分など、様々な使い道ができます。販売価格が24,000円の24時間券。通常の4時間券と比較してみましょう。

・24時間券1時間単価は1,000円。
・3時間なら「1日3,000円×8回」楽しめる!
・4時間なら「1日4,000円×6回」楽しめる!
→4時間券 5,400円と比べると「4時間×6回」なら、1日辺り1,400円、総額8,400円お得 (26%OFF!)

となります。

他にも、体力的に2時間滑れば足がパンパンという方や、朝一のパウダースノーやグルーミングバーンを2~3時間で集中して滑走される方、ナイターだけ毎日1時間滑る方、または天気予報を見て早めに切り上げたい、という時にも有効的です。休憩するタイミングなども調整すればもっと節約できます。

 

[販売場所]
A. センターチケット (ノースウイング GF)
B. ウエストチケット (ハイランドロッジ前)
C. イーストチケット (イーストセンターステーション前)

[販売料金]
大人 (13〜59歳) 24,000円

[ご利用期間]
2021/11/27(土) ~ 2022/4/3(日)

1時間当たり1,000円でリーズナブル&シーズン中なら日付をまたいで使用可能の24時間券。ルスツリゾートを自由に、より気軽にお楽しみいただくため、ぜひご活用ください。皆様のご利用、お待ちしております。

ゴンゴラ・リフト券