ドクター's コラム

ドクター's コラムドクター's コラム

[54回] 研修医のエピソード

2022/4/18

国家試験に合格して医師になっても、頭でっかちで実務経験のない研修医は先輩医師や看護師さん、薬剤師さん、臨床検査技師、放射線技師さんなどの専門職や事務職の方たちばかりでなく、患者さんからも日々様々なことを学んでいく必要があります。自分のからだが新米さんの研修材料として使われることになる患者さんには大変申し訳なく思いますが、生身の人間に対処する職業である以上やむを得ないこととご容赦いただくほかありません。医療というとどうしても暗く重々しくなりがちですが、本コラムでは、研修医のちょっとしたほほえましい日常のエピソードをご紹介します。

画像

[53回] 腸内細菌のちから : アレルギーの救世主「酪酸菌」

2022/2/16

ウイルスと同様に良くないイメージを抱きがちな「細菌」。ましてや、「細菌感染」となると誰もが嫌な気持ちを抱くのではないでしょうか。そんな悪役のイメージの細菌ですが、わたしたちの腸には100兆個以上、重さにして1kg以上ものさまざまな細菌がいて摂取した食物にとりつき (広い意味での感染) 、からだに必要な栄養素の代謝や合成のためにあくせくと働いてくれているのです。

画像

[52回] 青木まりこ現象

2021/12/14

ドップラー効果、フレミングの法則、アルキメデスの原理などの物理化学分野、シーザーサラダ、ビーフストロガノフ、マルゲリータ、サンドイッチ、ジンギスカンといった食の分野、そして、モールス信号、ギロチン台、ボイコット、イナバウワー、アキレス腱など、様々な領域で提唱者や発見者の人名の付いたものがあります。

画像

[51回] アンガーマネジメント

2021/10/18

「堪忍袋の緒が(プッツンと)切れる」―ひと昔前、多くは若者たちにみられた「プッツン」現象ですが、今や中年も老人も「キレまくる」ストレスフルな現代社会。なにかとイライラ、ムカムカすることが多く、それを抑え込む忍耐の限界を超え、冷静さを失って切れそうになったことは一度や二度ではないでしょう。

画像

[50回] 体内時計

2021/8/17

人にはそれぞれ名前があるように、私たちの命の根源である遺伝子にも名前が付けられています。例えば、面白いものではpikachurin、izumo・・・これらはどのような役割を持つ遺伝子なのかは想像しやすいかもしれません。

画像

[49回] 老化時計を逆回転?-夢の物質NMN

2021/6/14

東の果てにあるという桃源郷に不老不死の妙薬を求めた秦の始皇帝。そして、永遠の美貌を切望した古代エジプトプトレマイオス朝最後の女王クレオパトラ。分子生物学や分子遺伝子学を駆使した医学研究によって老化や寿命という生命現象が解き明かされてくるにつれ、彼らが熱望した不老不死や永遠の美貌は不可能としても、老化を遅らせ若々しく健やかな状態を保つための道筋については見えてきています。

画像

[48回] Dreams come ・・・

2021/4/13

昨晩、夢を見ましたか? どんな夢? その結末は?「夢のような・・・」、「夢にものぼる気持ち」といったポジティブな意味合いで使われることの多い夢ですが、悪夢でなければ見てみたい気もするのではないでしょうか。

画像

[47回] 新型コロナウイルスワクチン

2021/2/16

新型コロナウイルス感染症のパンデミック対策として世界規模でワクチン接種が始まり、わが国でも、まずは医療従事者を対象とし、6月中ごろまでには全ての国民に広げていく計画となっています。

画像

[46回] 血液型

2020/12/15

犯行現場に残された犯人の血液型はA型。警察が犯人間違いなしとしてようやく検挙に至った被疑者の血液型はB型であり、捜査は振り出しにーしかし、科捜研の女はその人物が犯人であることを見破り事件は解決したのであった。メデタシ、メデタシ。どんなからくりなのか皆さんはお分かりですか。

画像

[45回] 免疫力アップ8策

2020/10/2

2019年末に始まり、瞬く間に全世界を席巻していった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。1918年のスペインかぜ以来、5回目のパンデミックの終息を目指し、治療薬やワクチンの開発が世界中で進められています。

画像