当サイトについて

サイトポリシー

加森観光株式会社 (以下「当社」といいます。) が管理・運営するウェブサイト (以下「当サイト」といいます。) を利用される前に、以下のご利用条件をお読み頂き、これらの条件にご同意された場合のみご利用ください。

著作権について

当サイトに掲載されるすべての情報は、原則として当社が著作権を有しております。個人的な利用やその他著作権法によって認められる場合の除き、当社の事前の許可なく、これらの情報を使用 (複製、改変、配布等を含む) することを禁止します。

免責事項

当社は、当サイトに情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、それらの情報が正確であるか、最新のものであるか、有用なものであるか、安全なものであるか等につきましては、一切責任を負うものではありません。
当社は、お客様が当サイトをご利用になったことあるいはご利用になれなかったことにより生じるいかなる損害についても一切責任を負うものではありません。
当社は、お客様への予告なしに、当サイトで公開されている情報の変更、削除等することがあります。また、当サイトの公開を、事由の如何にかかわらず、中断あるいは中止させていただくことがあります。これらの情報の変更、削除、公開の中断又は中止により、お客様に生じたいかなる損害についても当社は一切責任を負うものではありません。

リンクについて

当サイトからリンクを張っている当社以外のウェブサイトの内容は、それぞれの法人又は個人の責任において管理・運営されており、当社の管理下にあるものではありません。
当社は、リンク先のウェブサイトの内容について、また、お客様がリンク先のウェブサイトをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても一切責任を負うものではありません。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用ください。
当社は、あくまでもお客様の便宜のためにこれらのウェブサイトへのリンクを提供しているにすぎず、これらのウェブサイトの利用や掲載商品、サービス等を推奨するものではありません。
また、これらのリンクは、当社とリンク先のウェブサイトを管理・運営する法人・個人との間に、必ずしも提携・協力等の特別な関係があることを意味するものではありません。

準拠法及び管轄裁判所

当サイトの利用並びにこの利用条件の解釈及び適用は、他に別段の定めがない限り、日本国内法に準拠するものとします。当サイトの利用に係る一切の紛争については、他に別段の定めがない限り、札幌地方裁判所を専属管轄裁判所とします。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

加森観光株式会社 (以下、当社とします) が運営するルスツリゾート (以下、当施設とします) では、お客様よりご提供いただいた個人情報について、その重要性を認識し保護の徹底をはかるため、以下に定める方針に従い、個人情報取扱事業者として適切に取り扱うものとします。

個人情報の定義

当施設で取り扱う個人情報とは、当施設のウェブサイトおよび当施設をご利用されたお客様よりご提供いただいた情報のうち、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日などの、個人を特定できる情報を指します。

個人情報の取得

お客様の個人情報の取得は、適正かつ公正な手段によって行います。

個人情報の利用目的

お客様より取得させていただいた個人情報は、以下の目的で使用いたします。なお、個別のサービスにおいて下記に掲載のない目的で個人情報を利用する場合もあります。その場合には、個別サービスのウェブサイトもしくはそれに該当する媒体 (例 : メールマガジン等) にその旨を掲載します。
(主な利用目的)
・当社および加森観光グループ (以下、総称して加森観光グループとします) が運営する施設やホテルのサービス・商品等の提供・確認・請求・代金決済のため。
・加森観光グループが運営する施設やホテルで実施するサービス・商品・イベント・セール・キャンペーンなどのお知らせをメールマガジン・郵送物・電話などの手段において配信するため。
・お客様から加森観光グループが運営する施設やホテルの各種会員制サービスへの登録の確認や加森観光グループが運営する施設やホテルから各種会員様へサービスを提供するため。
・お客様からご応募いただいた加森観光グループが運営する懸賞などに対する景品等をお送りするため。
・加森観光グループが運営する施設やホテルよりお客様の意見や質問に対するご返答を差上げるため。
・個人情報を統計的に処理した情報を集約し、加森観光グループが運営する施設やホテルのサービスの改善等に役立てるため。
・加森観光グループが運営する施設やホテルよりサービスの改善等に役立てるためのアンケートをお客様へお送りするため。
・お買上いただいた商品や、加森観光グループが運営する施設やホテルのサービスに関する重要事項の連絡をするため。

個人情報の第三者への提供について

当施設では、上記のほか、次のような場合には、お客様の同意を得ることなく必要最小限の範囲でお客様の個人情報を第三者に提供することがあります。
・法令の定めに基づく場合。
・お客様の生命、健康、財産、権利等を保護するために必要な場合で、お客様の同意を得ることが困難な場合。
・国または地方公共団体等が公的な事務を実施する上で、協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障が出るおそれがある場合。
・利用動向や提供するサービス向上を目的とする調査分析のために、個人を特定できない統計情報の形式で第三者に提供する場合。

業務の委託

当施設は、お客様へのサービス提供のために業務の一部を外部に委託する場合がございますが、業務委託先に対して上記利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を提供することがあります。この場合、これらの業務委託先との間で個人情報の取扱いに関する契約の締結をはじめ、適切な監督を行います。

個人情報の管理について

当施設は、個人情報の取り扱いに関し、個人情報の保護に関する法律および国土交通省所轄分野に係る個人情報保護に関するガイドラインなどに定められる内容を遵守します。また、当施設では個人情報の取り扱いに関する規程を定め、個人情報を取扱う管理責任者を置き、コンプライアンスプログラムの定期的な見直しや必要な社員教育を継続して実施いたします。これらにより、お客様の個人情報を、正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏えいなどに対する適切な管理を実施いたします。

開示、訂正、削除、追加、利用停止、消去について

当施設保有の個人情報データについて、(1) 開示、(2) 訂正、削除、追加、または (3) 利用停止・消去のいずれかの対応をご希望される場合は、下記お問い合わせ先にご請求ください。お客様ご自身より所定の方法にてご請求を頂いた場合に、請求された方がご本人であることを確認させていただいた上で、合理的な期間および範囲で対応をいたします。ただし、ご本人または第三者の生命、健康、財産等を害するおそれがある場合、当施設の業務の実施に著しい支障を生じる場合、あるいはその他法令に違反することになる場合は、その全部または一部のご請求をお断りする場合がございます。また利用停止や消去により、不本意ながらご要望に沿ったサービスの提供ができなくなることがございますので、あらかじめご了承の上ご請求ください。

その他

当施設ではより適切な個人情報の取り扱いを実施するため、このプライバシーポリシーを随時変更いたします。このプライバシーポリシーがお客様の個人情報の収集および利用方法に大きな変更を及ぼすほど修正される場合、当施設はオフィシャルウェブサイト上に変更の内容を掲載することなどにより、事前に通知します。このプライバシーポリシーの変更は、当施設が上記の通知を行ってから原則として30日で有効となりますが、当施設が変更について通知する以前に個人情報の利用方法に影響を及ぼすことがあります。もし、当施設に提供されたお客様の個人情報について、当施設の収集または利用方法に対する大幅な変更を許諾されない場合は、下記お問い合わせ先にお知らせ下さい。なお、お客様が通知をされるか否かにかかわらず、このプライバシーポリシーの変更は、有効日以降に当社に提供される個人情報に適用されることをご了承願います。

宿泊約款

適用範囲

第1条
1. 当ホテルが宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関係する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は一般的に確立された慣習によるものとします。

2. 当ホテルが、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

宿泊契約の申込み

第2条
1. 当ホテルに宿泊申し込みをしようとする者は、次の事項を当ホテルに申し出ていただきます。
 (1) 宿泊者名
 (2) 宿泊日及び到着予定時刻
 (3) 宿泊料金 (原則として別表第1の基本宿泊料による)
 (4) その他ホテルが必要と求める事項

2. 宿泊客が、宿泊中に第2号の宿泊日を超えて宿泊継続を申し入れた場合、当ホテルはその申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。

宿泊契約の申込み

第3条
1. 宿泊契約は当ホテルが前条の申込みを承諾したときに成立するものとします。ただし、当ホテルが承諾しなかったことを証明したときは、この限りではありません。

宿泊契約終結の拒否

第4条
1. 当ホテルは、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。
 (1) 宿泊者の申し込みがこの約款によらないとき。
 (2) 満室により客室の余裕がないとき。
 (3) 宿泊しようとするものが、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき。
 (4) 宿泊しようとするものが、伝染病者であると認められるとき。
 (5) 宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
 (6) 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。

第5条
1. 当ホテルは、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないものとします。
 (1) 宿泊しようとする者が、暴力団、暴力団組織、暴力団関係企業、又はその関係者、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、その他の反社会的勢力 (以下「暴力団等反社会勢力」という) と認められる場合。
 (2) 宿泊しようとする者が、暴力団、又は暴力団が事業活動を支配する法人その他の団体の構成員である場合。
 (3) 宿泊しようとする者が法人で、その役員の中に暴力団等 (暴力団等反社会的勢力) に該当する者がいる場合。
 (4) 宿泊しようとする者が、他の宿泊客に対し、著しく粗野乱暴な言動及び迷惑を及ぼす言動をした場合。
 (5) 宿泊しようとする者が、当ホテルもしくはその従業員に対し、暴力的不当な要求行為を行い、又は合理的範囲を超える負担を要求した場合。

宿泊客の契約解除権

第6条
1. 宿泊客は当ホテルに申し出て、宿泊契約を解除することができます。

2. 当ホテルは宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は、一部を解除した場合は、別表第2に掲げるところにより、違約金を申し受けます。

3. 当ホテルは宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の午後7時 (あらかじめ到着予定時刻が明示されている場合はその時刻を2時間経過した時刻) になっても到着しないときは、その泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。

当ホテルの具体的解除権

第7条
1. 当ホテルは次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。
 (1) 宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき、または同行為をしたと認められるとき。
 (2) 宿泊客が伝染病者であると認められるとき。
 (3) 宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
 (4) 天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができないとき。
 (5) 寝室での寝たばこ、消防用設備等に対するいたずら、その他当ホテルが定める利用規則の禁止事項 (火災予防上必要なものに限る) に従わないとき。

2. 当ホテルが前項の規定に基づいて宿泊契約を解除したときは、宿泊客がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金はいただきません。

第8条
1. 当ホテルは、宿泊客が次の事由に該当する場合は、宿泊契約を解除するものとします。
 (1) 暴力団、反社会的勢力と認められる場合。
 (2) 暴力団、又は暴力団員が事業活動を支配する法人又はその団体。
 (3) 法人で、その役員の中に、暴力団等 (暴力団等反社会的勢力) に該当する者がいる場合。
 (4) 他の宿泊客に対し、著しく粗野乱暴な言動及び迷惑を及ぼす言動をした者。
 (5) 当ホテルもしくはその従業員に対し、暴力的不当な要求行為を行い、又は、合理的範囲を超える負担を要求した場合。

宿泊の登録

第9条
1. 宿泊客は宿泊当日、当ホテルのフロントにおいて、次の事項を登録していただきます。
 (1) 宿泊者の氏名、年令、性別、住所及び職場連絡先
 (2) 外国人にあっては、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日
 (3) 出発日及び出発予定時刻
 (4) その他当ホテルが必要と認める事項

2. 宿泊客が第13条の料金の支払いを、旅行小切手、宿泊券、クレジットカード等通貨に代わり得る方法により行うとするときは、あらかじめ、前項の登録時にそれらを提示していただきます。

客室の利用時間

第10条
1. 宿泊客が当ホテルの客室を利用できる時間は、午後3時から翌朝11時迄とします。ただし、連続して宿泊する場合においては到着日及び、出発日をのぞき、終日使用することができます。尚、宿泊出発日の変更、客室の満室等で連続して同じ客室を使用出来ない場合は、宿泊契約は分けて締結し、上記の規定には準じないものとします。

2. 当ホテルは前項の規定にかかわらず、別表第3に定める時間外の客室の使用に応じることがあります。この場合には次に掲げる追加料金を申し受けます。尚、時間外客室使用は応じられない場合がありますのでご了承下さい。

利用規則の遵守

第11条
1. 宿泊客は当ホテル内においては、当ホテルが定めた利用規則に従っていただきます。

営業時間

第12条
1. 当ホテルの主な施設の営業時間は備えつけのパンフレット、各所の提示等でご案内致します。

2. 前項の時間は、やむを得ない場合には臨時に変更することがあります。その場合には、適当な方法をもってお知らせ致します。

料金の支払い

第13条
1. 宿泊客が支払うべき宿泊料金等の内訳は、別表第1に掲げるところによります。

2. 前項の宿泊料金の支払いは、通貨 (日本円) 又は当ホテルが認めた旅行小切手、宿泊券、クレジットカード、デビットカード等、これに代わり得る方法により、宿泊客の出発の際、又は当ホテルが請求したとき、フロントにおいて行っていただきます。

3. 通貨 (日本円) 、クレジットカードにてお支払いの場合は、チェックインの際に宿泊料金をお預かりさせていただきます。

4. 当ホテルが宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。

当ホテルの責任

第14条
1. 当ホテルは、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行にあたり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。但し、それが当ホテルの責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。

2. 当ホテルは消防機関から適マークを受領しておりますが、万一の火災等に対処するため、旅館賠償責任保険に加入しております。

契約した客室の提供が出来ないときの取り扱い

第15条
1. 当ホテルは宿泊客に契約した客室を提供できないときは、宿泊客の了解を得て、出来る限り同一の条件による他の宿泊施設を斡旋するものとします。

2. 当ホテルは、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設の斡旋ができないときは、違約金相当額の補償料を宿泊客に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。但し、客室が提供できないことについて、当ホテルの責めに帰す事由がないときは、補償料を支払いません。

寄託物等の取扱い

第16条
1. 宿泊客がフロントにお預けになった物品又は現金並びに貴重品について、滅失、毀損等の損害が生じたときは、それが不可抗力である場合を除き、当館は、その損害を賠償します。ただし、現金及び貴重品については、当館がその種類及び価額の明告を求めた場合であって、宿泊客がそれを行わなかったときは、当館は30万円を限度として損害を賠償します。

2. 宿泊客が、当館内にお持込みになった物品又は現金並びに貴重品であってフロントにお預けにならなかったものについて、当館の故意又は過失により滅失、毀損等の損害が生じたときは、当館はその損害を賠償します。ただし、宿泊客からあらかじめ種類及び価額の明告のなかったものについては、当館に故意又は重大な過失がある場合を除き、15万円を限度として当館はその損害を賠償します。

宿泊客の手荷物又は携帯品の保管

第17条
1. 宿泊客の手荷物が、宿泊に先立って当ホテルに到着した場合は、その到着前に当ホテルが了解したときに限って責任をもって保管し、宿泊客がフロントにおいてチェックインの際保管場所の案内を受けられるものとします。

2. 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当ホテルに置き忘れられていた場合においてその所有者が明らかに判明したときは、当ホテルは当該所有者に連絡をするとともに、その指示を求めるものとします。但し、所有者の指示がない場合、又は所有者が判明しないときは、発見日含め7日間保管し、その後最寄りの警察署に届けます。

3. 前2項の場合における宿泊客の手荷物又は携帯品の保管についての当ホテルの責任は、第14条1項の規定に準じるものとします。

駐車の責任

第18条
1. 宿泊客が当ホテルの駐車場をご利用になる場合、車両のキーの寄託にかかわらず、当ホテルは場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。但し、駐車場の管理にあたり、当ホテルの故意又は過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに任じます。

宿泊客の責任

第19条
1. 宿泊客の故意または過失により当ホテルが損害を被ったときは、当該宿泊客は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。

宴会利用契約締結の拒否及び解除

第20条
1. 当ホテルは次に掲げる場合において、宴会利用契約の締結に応じないものとします。又、宴会利用契約を締結した場合は、契約を解除するものとします。
 (1) 宴会に出席する利用者の中に次の事由に該当するものがいる場合。暴力団、暴力団員、暴力団関係者、又は団体、その関係者に (以下「暴力団等反社会的勢力」という) 該当する者がいる場合。


別表第1 宿泊料金の算定方法 (第2条第1項及び第13条第1項関係)
宿泊客が支払うべき総額 内訳
宿泊料金 (1) 基本宿泊料
追加料金 (2) 追加飲食 (朝・夕食以外の飲食料) 及びその他の利用料金
(3) サービス料 ※ (2) × 10%
税金 消費税・入湯税

(備考)
1. 基本宿泊料は当ホテルが提示する料金表によります。
2. 子供料金は小学生に適用し、大人に準じる食事と寝具を提供したときは大人料金の100%、子供用食事と寝具を提供したときは70%、幼児 (小学生未満) に寝具のみを提供したときは1名に付3,240円 (税込) をいただきます。
3. 税法が改正された場合は、その改正された規定によるものとします。

別表第2 違約金 (第6条第2項関係)
契約解除の通知を受けた日 一般 (5室未満) 団体 (5室 ~ 9室まで) 団体 (10室以上)
不泊 100% 100% 100%
当日 100% 100% 100%
前日 80% 80% 80%
3日前 50% 50% 80%
7日前 20% 50% 50%
14日前 20% 50%
21日前 20%

(注)
1. %は、基本宿泊料に対する違約金の比率です。
2. 契約日数が短縮した場合は、その短縮日数にかかわりなく、1日分 (初日) の違約金を収受します。
3. 団体客 (5室以上) の一部について契約の解除があった場合、宿泊の10日前 (その日より後に申込をお引き受けした日) における宿泊室数の10% (端数が出た場合には切り上げる。) にあたる室数については、違約金はいただきません。

別表第3 時間外客室延長使用料金 (消費税込)
内訳
延長料金1 出発日AM 11:00からPM 3:00迄の場合は基本宿泊料の15%の人数分を頂きます。 1室1時間単位
延長料金2 出発日PM 3:00以降の場合は基本宿泊料の100%の人数分を頂きます。 1室単位

延長料金1と延長料金2は重複して請求致しません。
上記、客室延長使用は予めフロントにて申し込みが必要であり、お受けできない場合がございますので、ご了承下さい。

ホテル利用規則

当ホテルではお客様に安全かつ快適にご利用いただくため、利用規則を定めておりますので、宿泊約款第11条に定めのあるとおり、その遵守にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。
遵守いただけない場合は、やむを得ず、ご宿泊又は館内諸施設のご利用をお断り申し上げ、又、場合によっては損害をご負担いただくこともございますので、特にご留意くださいますようお願い申し上げます。

火災予防上お守りいただきたい事項

1. 火災の原因となりやすい場所 (寝たばこ) 又、喫煙皿のある場所以外でのご喫煙はおやめください。

2. 客室には火器類の持ち込み又ご使用はおやめください。客室内の備え付けの電磁加熱調理器は火災、事故の防止上使用できません。

3. その他の火災の原因となるような行為はおやめください。

4. 消防用設備等のいたずらは、安全の維持に支障が生じますのでおやめください。

安全上お守りいただきたい事項

1. お部屋の入り口ドアに避難経路図を表示しておりますので、予めご確認ください。

2. ご滞在中のお部屋からお出かけになられる際には、施錠をご確認ください。

3. ご訪問客と客室内でのご面会は遠慮願います。ご面会はロビー又はラウンジをご利用ください (宴会コンパニオンも同様といたします) 又、客室へのご連絡は、ロビー内館内電話 (ハウスフォン) をご利用ください。

貴重品、お預かり品及び遺失物のお取り扱いについて

1. 現金、貴重品については事故防止のため、お部屋に備え付けの金庫又はお名前、連絡先を明示してフロントの貴重品預かり (セーフティデポジットボックス) にお預けください。 (※署名は預ける本人様のものとさせていただき、万が一代理人の方が出し入れされる場合は、予め代理人様の署名が必要となりますことをご承知ください。) 貴重品預かり (セーフティデポジットボックス) の鍵を紛失の場合はシリンダー交換が必要となるため、15,000円 (税別) の保証金を頂きます。又、ボックスの解錠作業にお時間がかかりますので、ご承知おきください。

2. ご滞在中の現金、貴重品等をフロント等にお預けにならずに、滅失、毀損等によって生じた損害については、責任を負いかねますので予め、ご承知下さい。尚、フロントでは金庫の鍵のお預かりはいたしません。

お支払いについて

1. 料金支払いは、通貨 (日本円) 又は、当ホテルが認めた旅行小切手、宿泊券若しくは当ホテル認定のクレジットカードに限り、ご出発時又当ホテルが請求したときフロントでお支払いいただきますので、ご了承ください。尚、旅行小切手、宿泊券、クレジットカード等通貨に変わり得る方法によりお支払いいただくときは、事前にご提示ください。

2. 通貨(日本円)、クレジットカードにてお支払いの場合は、チェックインの際に宿泊料金をお預かりさせていただきますので、ご了承ください。

3. 旅行小切手以外のお支払い (通常小切手など) はお受け出来ませんのでご承知ください。当ホテル内のレストランをサインにてご利用される場合は、お手数ですが、客室鍵 (キーカード) をご提示いただき、客室代表者の署名を必要といたします。

4. 都合により、ご到着時にお預かり金 (デポジット) を申し受けることがございますので、ご了承ください。

外貨両替について

1. 当ホテルの外貨両替は下記のみで取り扱います。受付カウンター (ホテルフロント・ウェスティンフロント)

2. 外貨両替は当ホテルに宿泊の外国人旅行者のみを対象とさせていただきますので、日本人の方の外貨両替はいたしかねます。

3. 外貨両替は、U.Sドル、ユーロ、オーストラリアドル、韓国ウォン、タイバーツ、人民元、香港ドル、台湾ドル、シンガポールドルの現金、トラベラーズチェックを対象とさせていただきます。

その他のお守りいただきたい事項

1. 館内にて他のお客様のご迷惑となるようなもの (犬、猫、その他動物等) 、発熱又は引火性のもの、悪臭を発するもの、危険物となり得るもの、その他法令で所持を禁じられている物のお持ち込みはおやめください。

2. 館内で、高声、放歌、喧騒な行為、とばく、風紀治安を乱すような行為、他のお客様の迷惑になるような言動はなさらないよう、お願いいたします。

3. 当ホテルの許可なく、客室、ロビー等を営業行為 (展示、広告販売、宣伝販売等) などの他の目的にご使用にならないでください。

4. 館内の設備、備品の現状を著しく変更したり、用途以外にご使用になることはおやめください。

5. 客室の窓側、ベランダ、廊下又はロビーなどに物品を陳列したり放置しないよう、お願いいたします。

6. 風呂及び洗面所のご使用後は必ず給湯水を止めてください。もしも、流し放しであふれさせますと隣室、階下室に被害が及ぶ場合がございますのでご注意願います。万が一、被害が及んだ場合は損害の賠償を請求いたします。

7. 下駄、雪駄、ローラースケート、ローラーブレード等車輪がついたものでのご入館はご遠慮願います。

8. 未成年のみのご宿泊の場合、保護者の許可がないとお断りさせていただくことがありますのでご了承ください。

9. エネルギーを大切に使う為、節電、節水にご協力の程、お願いいたします。

10. 客室内よりお電話をご利用の際は施設利用料が加算されますのでご了承ください。

11. お部屋に備え付けの浴衣はお部屋の中でのご利用に限らせていただきます。スリッパでのレストランご利用はお断りしております。

12. トラベルロッジ、ログハウス、コテージの客室ルームキーを紛失された場合は、防犯上シリンダーを交換する為、10,000円の賠償金を請求いたします。

スキー場利用規約

第1条 目的

1. 当社の経営するスキー場におけるスキーその他の雪上のスポーツや遊びに関する利用は、この約款の定めるところにより行います。この約款に定めのない事項については法令に定めるところにより、法令に定めのないときには「国内スキー等安全基準」 (全国スキー安全対策協議会・1994年8月改訂版) に準じるほか、一般の慣習によります。

2. 次条以下のことがらを承認できない方は、このスキー場でのスキーをお断りします。

第2条 告知

1. 当社の経営するスキー場は利用者の安全を守るために最善の努力をしていますが、利用者の皆様には次の各項各号の事柄をよく理解の上、事故なくご利用いただくよう告知します。
 (1) スキー (スノーボーダーは「スキー」を「スノーボード」と読み替えてください。そのほかの雪上滑走用具もこれに準じてください) は、次のような特有の危険があることを承知の上、これを自分の注意により避けるようにしてください。
  (ア) 雪・風・霧など、天候による危険
  (イ) がけ、凸凹など、地形による危険
  (ウ) アイスバーン・吹きだまり・なだれなど、雪の状態による危険
  (エ) 岩石・立木など、自然の障害物による危険
  (オ) リフト施設・建物・雪上車両など、人工の障害物による危険
  (カ) 他のスキーヤーとの接触による危険
  (キ) みずからの失敗による危険
 (2) スキー場管理区域の外に出ないでください。管理区域内でもコースに指定されていない所には出ないでください。
 (3) 保護者の目の届かないところでのお子様の単独行動は、お止めください。
 (4) 当スキー場では、この告知および次条で定めるスキー場の行動規則の無視・軽視による事故には責任を負いかねます。

第3条 行動規則

1. 当社の経営するスキー場では、次の各号の行動規則を守ってご利用をお願いします。
 (1) 他人を傷つけたり、脅かしてはならない。
 (2) 地形・天候・雪質・技能・体調・混雑等の状況に合わせてスピードをコントロールし、いつでも危険を避けるためにとまれるよう、滑り方を選ばなければならない。
 (3) 前にいる人の滑走を妨害してはならない。
 (4) 追い越すときは、その人との間隔を十分にあけなければならない。
 (5) 滑り出すとき、合流するとき、斜面を横切るときは、上をよく見て安全を確かめなければならない。
 (6) コースの中で座り込んではならない。せまい所や上から見通せないところでは立ち止まることも慎まなければならない。転んだときはすばやくコースをあけなければならない。
 (7) 登るとき、歩くとき、止まるときは、コースの端を利用しなければならない。
 (8) スキー、スノーボード、雪上滑走用具には、流れ止めをつけなければならない。
 (9) 掲示・標識・場内放送等の注意を守り、スキーパトロール・スキー場係員の支持には従わなければならない。
 (10) 事故にあったときは救助活動と通報に協力し、当事者・目撃者を問わず身元を明らかにしなければならない。

第4条 利用者の責任

1. 当社は、スキー場利用者が法令若しくはこのスキー場利用約款の規定を守らなかったこと等により当社が損害または賠償の経費の負担を受けたときは、その利用者に対してその損害の賠償若しくは負担経費の支払いを求めます。

2. 当社は、スキー場利用者が法令若しくはこのスキー場利用約款の規則を守らなかったこと等により事故や怪我に遭われた場合、一切の責任を負いません。また、利用者が危険な滑走により自身や他人に怪我を負わせた場合は、自己において責任を負っていただきます。

3. 当社は、スキー場利用者がこの約款の2条第1項 (2) 号の規定に違反しスキー場管理区域の外に出て、本人または知人等から当社に遭難救助の申告があったときは、当社単独又は当社と関係官公庁等が協力して救助に当たります。
 当社は、救助終了後、捜索・救助に関係した人件費、雪上機器費用、索道運行費用、照明電気費用、その他負担経費の内容を明示して、支払いを求めます。

4. 当社は、当社の管理区域内のスキー、スノーボード及び新雪上滑走用具の一時置場並びに駐車場における盗難等に対しては責任を負いかねます。
 ただし、当社に故意過失があった場合は、この限りではありません。

附則
このスキー場利用規約は、2004/8/24 より実施しております。

  • お問い合わせ

    ルスツリゾート

    〒048-1711
    北海道虻田郡留寿都村泉川13番地

    Tel. 0136-46-3331 (代表)
    Tel. 0136-46-3111 (総合予約センター)
    Fax. 0136-46-3229

    改訂:2015/4/30